2017年 04月 10日

アリフィン駐日インドネシア大使「さらなる協力関係を」@じゃかるた新聞(4/0)

今朝(4/10)のじゃかるた新聞のトップ記事に出ていました。



 駐日インドネシア大使となるアリフィン・タスリフ氏(63)が9日、中央
ジャカルタでじゃかるた新聞のインタビューに応じ、「経済だけでなく、人材
育成、観光促進など、日本とのさらなる協力関係を築きたい」と抱負を語った。
今月21日に赴任する。


 アリフィン氏は長く肥料会社に勤務、1986年から87年にかけて日本
事務所長として1年8カ月滞在した。この時、互いに進出する際の手続きの
煩雑さを実感したが、「日本側はシステムができているので、それほど大変と
思ったことはない」と話す。大使の仕事の一つとして、インドネシアに投資
する日本企業の現場の悩みを聞くことがあるという。「投資する人たちを
がっかりさせないために、一人一人の声を聞いて、中央政府に報告したい」と述べた。


 小学5年から柔道を始め、大学時代に黒帯に。得意は「小内刈り、内股、
背負い投げ」と日本語で答えた。肥料会社勤務時代には東カリマンタン州で
サッカーチームを創立、トップクラスに育て上げ、1990年代には日本の
横浜マリノスと試合をしたこともある。現在は水泳を欠かさないが、赴任後は
長くやっていなかったゴルフを再開する予定だ。「日本の新しい友人はゴルフで
作りたい」と笑顔を見せた。


a0054926_71167.jpg

アリフィン・タスリフ Arifin Tasrif
 バンドン工科大学で化学工学博士号。2001年、肥料会社ペトロキミア・
グレシック勤務、10~15年、肥料会社を傘下にする持株会社ププック・
インドネシア社長。2女1男の父で孫4人。63歳。中央ジャカルタ出身。



「さらなる協力関係を」 アリフィン駐日大使
http://www.jakartashimbun.com/free/detail/34529.html


関連記事
a0054926_712512.jpg

2017年 03月 15日
インドネシアの新駐日大使にアリフィン(Arifin Tasrif)氏 大統領が任命 訪イ観光客誘致に意欲
http://gadogado.exblog.jp/23720522/


2016年 11月 28日
駐日インドネシア大使候補 アリフィン氏(国営 肥料会社ププック・インドネシア) 大統領が発表
http://gadogado.exblog.jp/23428338/


Arifin Tasrif
https://id.wikipedia.org/wiki/Arifin_Tasrif


駐日インドネシア大使年表
Daftar Duta Besar Indonesia untuk Jepang
https://id.wikipedia.org/wiki/Daftar_Duta_Besar_Indonesia_untuk_Jepang
[PR]

by gado-gado | 2017-04-10 07:03 | 日本インドネシア友好


<< 福岡発祥の「てつおじさんのチー...      新刊:Di Balik Lay... >>