2017年 08月 07日

日本初長編アニメ映画「桃太郎 海の神兵」上映会(インドネシア・セレベス)@川崎市民ミュージアム 10/21 10/22 11/11

川崎市民ミュージアムのホームページに出ていました。


『くもとちゅうりっぷ』+『桃太郎 海の神兵』

上映日
2017年10月21日(土)14:00~
※上映後トークショーあり(ゲスト:株式会社IMAGICA・水戸遼平氏)
2017年10月22日(日)11:30~
2017年11月11日(土)11:30~


『くもとちゅうりっぷ』
1943年/モノクロ/35mm/16分/脚本・演出・撮影:政岡憲三/
東京国立近代美術館フィルムセンター所蔵作品


◆日本アニメーションの近代化に貢献し「日本のアニメーションの父」と称される
政岡憲三の代表作。音楽やセリフを録音してから作画をあわせるプレスコ方式によって、
16分間2万枚の動画枚数を用いて作られたセルアニメーション。てんとう虫がクモに
狙われるが、チューリップに助けられるという童話をミュージカル・タッチで演出。



『桃太郎 海の神兵』
1945年(2016年デジタル復元版)/モノクロ/DCP/74分/演出・脚本:瀬尾光世

a0054926_09152294.jpg

◆日本初の長編アニメーション映画であり、日本のアニメーションの原点ともいえる
傑作。第二次世界大戦末期に海軍省の依頼で製作された国策映画として、落下傘部隊の
活躍を桃太郎と動物たちのキャラクターによりミュージカル仕立てで描く。セル画5万
枚の滑らかな動きと、叙情性と童心に満ちたファンタジックな魅力は、当時16歳だった
手塚治虫がアニメーション製作を志す原動力となった。

★10月21日(土)14:00の回終了後トーク開催!
「『桃太郎 海の神兵』デジタル復元について」ゲスト:水戸遼平氏(株式会社IMAGICA)


展覧会連携 国産アニメーション100周年記念《スクリーンに蘇る!アニメーション傑作選》
https://www.kawasaki-museum.jp/cinema/8631/


川崎市民ミュージアム
https://www.kawasaki-museum.jp/


関連映像
カラオケ練習用 アイウエオの歌(桃太郎 海の神兵)



関連記事
2016年 07月 24日
日本初長編アニメ映画「桃太郎 海の神兵」&「アイウエオの歌」(インドネシア・セレベス)
http://gadogado.exblog.jp/23031045/


2015年 07月 01日
上映会:プロパガンダと映画~セレベスをめぐって『桃太郎 海の神兵』&海軍報道班員の記録版
http://gadogado.exblog.jp/21399609/
[PR]

by gado-gado | 2017-08-07 09:17 | インドネシアの映画


<< 展覧会:Pameran Sej...      インドネシアの映画:Nyai ... >>