2017年 07月 10日

「CROSSCUT ASIA #04 ネクスト!東南アジア」@第30回東京国際映画祭

第30回東京国際映画祭の公式サイトに出ていました。


第26回(2013)
「アジアの未来」部門

第27回 (2014)
「CROSSCUT ASIA」タイ

第28回 (2015)
「CROSSCUT ASIA」フィリピン

第29回 (2016)
「CROSSCUT ASIA」インドネシア

第30回 (20179
「CROSSCUT ASIA」ネクスト!東南アジア

a0054926_21191022.jpg

国際交流基金アジアセンターpresents
「CROSSCUT ASIA #04 ネクスト!東南アジア」

ASEAN(東南アジア諸国連合)設立50周年を迎える今年、世界の映画祭で
主要賞を獲得する監督の多くを輩出してきた東南アジアの次世代に焦点を当てます。

三大映画祭(ベルリン・カンヌ・ヴェネチア)全てで受賞を果たし、2015年の
CROSSCUT ASIAで特集をしたブリランテ・メンドーサ(フィリピン)、

2015年TIFFコンペ部門で審査委員を務め、『ノルウェイの森』(2010)で知られる
トラン・アン・ユン(ベトナム)、

日本では数々の個展を開催するなど美術作家としても高く評価され、『ブンミ
おじさんの森』(2011)でカンヌ・パルムドールを獲得したアピチャッポン・
ウィーラセタクン(タイ)

TIFFには過去12作品を出品し2006年コンペ部門では審査委員を務めたガリン・
ヌグロホ(インドネシア)など、

今年30回目を迎えたTIFFの歴史にも深く名を刻んできた巨匠監督たちが、若手
映画人の活躍が目覚ましい東南アジアで、いま最も期待を寄せる自国の若手
監督の作品を推薦。先輩から後輩へ、国際的に大きく注目される東南アジア
映画の新たな時代の幕開けとなる。


国際交流基金アジアセンターpresents「CROSSCUT ASIA #04 ネクスト!東南アジア」
http://2017.tiff-jp.net/news/ja/?p=42944


関連記事
a0054926_21192948.jpg
Cross Cut Asia Di Tokyo International Film Festival Ke-30 Hadirkan Karya Garin Nugroho
http://kinescopemagz.com/cross-cut-asia-di-tokyo-international-film-festival-ke-30-hadirkan-karya-garin-nugroho/
[PR]

by gado-gado | 2017-07-10 21:21 | インドネシアの映画


<< 地震・津波テーマの歌:「もし地...      第10回研究会「東南アジアの海... >>