2017年 01月 30日

東ジャワ・ジャパンクラブ 河野剛会長に聞く@じゃかるた新聞

今日(1/30)のじゃかるた新聞のピックアップ記事に出ていました。


教育の心配なくしたい 東ジャワ・ジャパンクラブ 河野剛会長に聞く

 会員574人、49社が参加している東ジャワ・ジャパンクラブ(EJJC)。
スラバヤ市を中心に約800人の邦人がおり、同市とその周辺には約150社の
日系企業がある。ツナ缶を製造・輸出しているアネカ・ツナ・インドネシア社長で、
EJJCの河野剛会長(45)に話を聞いた。


同地ではメーカーやサービス関係など日系企業の進出は増加傾向にあり、スラバヤ
日本人学校(SJS)に通う子どもも横ばいだった40~50人から、近年では過去
最高となる90人以上まで増加した。「家族と一緒に来る駐在員にとって子どもの
教育は大きな心配事の一つ。『学校は任せておけば大丈夫』という状況にしたい。
学校運営に力を入れることは、間接的に駐在員のためにもなる」と話した。

a0054926_1738141.jpg


教育の心配なくしたい 東ジャワ・ジャパンクラブ 河野剛会長に聞く
http://www.jakartashimbun.com/free/detail/33368.html


関連サイト
スラバヤ日本人学校
http://sjs1979.com/


関連記事
一晩寝ずにお手伝い にぎわうスラバヤの鳳徳軒 イムレック@じゃかるた新聞(2017年01月30日)
http://www.jakartashimbun.com/free/detail/33371.html


東ジャワジャパンクラブ 今年40年、さらなる飛躍 発展に伸びしろある地
東ジャワジャパンクラブ 今年40年、さらなる飛躍 発展に伸びしろある地域 
河口裕司常任理事長に聞く 特性生かした進出を (2015年01月19日)
https://jakartashimbun.com/free/detail/22664.html


「生活に潤いを」 東ジャワ日本人会会長 浦洋さん (2013年04月22日)
http://www.jakartashimbun.com/free/detail/10676.html


スラバヤを歩く(上)@じゃかるた新聞 2003年3月14日
華人の商いの街に 賑わうアラブ市場
 多様な文化の香り
http://jakartashimbun2.com/pages/surabaya01.html


スラバヤを歩く(中)@じゃかるた新聞 2003年3月17日
野菜と魚の宝庫 東部ジャワ市場
 ナシ・ラウォンの発祥地
http://jakartashimbun2.com/pages/surabaya02.html


スラバヤを歩く(下)@じゃかるた新聞 2003年3月18日 
歴史刻む交易の街
 日系企業を中核に 活気付くビジネス
http://jakartashimbun2.com/pages/surabaya03.html
[PR]

by gado-gado | 2017-01-30 17:39 | 日本インドネシア友好


<< 祝・インドネシアの映画: Se...      マレーシア・香港の映画:「ミセ... >>