2017年 01月 17日

インドネシア:日本担当特使のラフマット・ゴーベル氏「新時代を作りたい」 案件の障害なくす 

今朝(1/17)のじゃかるた新聞のトップ記事に出ていました。

 
 インドネシア政府の日本担当特使に任命されたインドネシア日本友好協会
(PPIJ)のラフマット・ゴーベル理事長(54)が16日、南ジャカルタの
自宅でじゃかるた新聞のインタビューに応じ、「日本との懸け橋となって新しい
時代を作っていきたい」と抱負を述べた。


 駐日本大使との違いについて、「大使は政治が中心になるが、特使は経済、
文化、社会の分野が中心になる。中央政府同士の懸け橋だけでなく、地方と
地方の懸け橋も重要で、インドネシアと姉妹都市を結んでいる日本の地方
自治体を中心に日本全国を回りたい」と述べ、今後は日本とインドネシアとの
往復生活になりそうだ。また、「インドネシアに輸出したい日本企業は多いが、
輸出の手続きなどが障害になっているケースがある。専門家を連れて日本各地を
訪問し、そうした障害をなくしていきたい」と話した。


 来年、国交樹立60周年を迎えることについては、PPIJや元留学生協会
(プルサダ)として、四つのイベントを日本側に提案していると明かした。
ジャカルタ・ジャパンクラブ(JJC)などと共催している人づくり、もの
づくりセミナーの拡大▽映画や演劇を通じた大型の文化交流▽国会議員や
メディア関係者の交流▽環境問題関連などの最先端技術の導入――で、「特使
としても外務省や日本側と協力して進めたい」という。インドネシアも温室
ガス削減に取り組んでおり、「日本は環境問題に関する技術を開発してきた。
インドネシアには資源がある。だからこそ協力が必要だ」と話した。


a0054926_9455040.jpg

 ラフマット・ゴーベル氏 
1987年、中央大学商学部卒。94年、ゴーベル・インターナショナル社長に
就任し、インドネシア商工会議所(カディン)副会頭などを経て2014年、
ジョコウィ政権発足時に商業大臣就任。インドネシア日本友好協会(PPIJ)
理事長、パナソニック・ゴーベル・インドネシア社監査役会会長。ジャカルタ特別州
出身。54歳。



「新時代を作りたい」 案件の障害なくす 日本担当特使のゴーベル氏 
http://www.jakartashimbun.com/free/detail/33197.html


資料
Biografi Pengusaha Rachmat Gobel Sosok Direktur Panasonic Gobel Group
http://www.biografipengusaha.com/2016/03/biografi-pengusaha-rachmat-gobel.html


関連サイト
a0054926_1194572.jpg


PERSADA (Perhimpunan Alumni Dari Jepang)
http://www.sadanet.or.id/


関連記事
2014年03月27日
ラフマット・ゴーベル氏中央大学名誉博士学位贈呈式
http://www.chuo-u.ac.jp/aboutus/news/2014/03/14790/


2012年 01月 09日
インドネシア人の元日本留学生協会(プルサダ)ゴーベル会長再選 
http://gadogado.exblog.jp/14367207/


2011年 07月 28日
インドネシア日本友好協会理事長・ラフマット・ゴーベルさん
@ この人と60分 NNA Asia
http://gadogado.exblog.jp/13151738/


2011年 04月 11日
インドネシアの元日本留学生協会(プルサダ)が激励イベント:"Indonesia's Sympathy For Japan"
http://gadogado.exblog.jp/12402980/


2010年 08月 25日
インタビュー:インドネシア・パナソニック・ゴーベル社のRachmat Gobel さん
http://gadogado.exblog.jp/11179449/


2008年 11月 02日
ラフマット・ゴーベル・インドネシア日本友好協会(PPIJ)理事長
http://gadogado.exblog.jp/7625545/
[PR]

by gado-gado | 2017-01-17 09:47 | 日本インドネシア友好


<< 緑川賢司(コマ大戦協会理事長)...      インドネシアの映画:Demi ... >>