2016年 11月 30日

「born、bone、墓音。」監督:ゴリ 粟国島「洗骨」@ガレッジセール)@Jogja Netpac Asian Film Festival

加藤ひろゆきさんの Face Book(11/29)に出ていたので、Jogja Netpac Asian Film Festivalの公式サイトを訪ねました。


LIGHT OF ASIA 部門
a0054926_10335180.png

"Born, Bone, Boon" 「born、bone、墓音。」
Gori/20 minutes/2016/Japan/Fiction


あらすじ
Hitoshi telah kembali ke kampung halamannya di Agunishima untuk memperkenalkan istrinya, Yuko, kepada keluarganya. Akan tetapi, Yuko marah saat ia diberi tahu alasan dari perjalanan pulang tersebut. Tujuan yang sesungguhnya adalah untuk mengikuti upacara Senkotsu—tradisi turun-temurun Agunishima berupa pembersihan tulang orang yang sudah mati. Kisah ini adalah komedi yang hangat tentang keluarga yang terpecah dan menemukan kembali diri mereka yang sejati melalui upacara pembersihan tulang. Meski mengangkat topik serius seperti tradisi Senkotsu yang tetap lestari di Agunishima, film ini tetap menjadi satu karya inspiratif dari sutradaranya, Gori, yang menunjukkan upaya terbaiknya dalam menciptakan komedi yang membawa tawa dan tangis.



Born Bone Boon
https://jaff-filmfest.org/light-of-asia/born-bone-boon/



関連記事@島ぜんぶでおーきな祭 第8回沖縄国際映画祭2016
沖縄県粟国村『born、bone、墓音。』
a0054926_10342215.jpg


作品解説

新婚の等(ゴリ)は、嫁・優子(佐藤仁美)を紹介するため、故郷の粟国島に帰ってきた。しかし、本当の帰郷理由を告げた途端、優子は大激怒。「東京へ帰る!」とわめきちらす。その理由とは、島で受け継がれてきた風習「洗骨」だったのだ……。
言葉を失った母、頑固者の兄、心を閉ざした連れ子の娘……そして父親の骨。バラバラだった家族が、骨を洗う儀式を通し、本当の自分と出会うハートフルコメディー。
粟国島に今なお残る「洗骨」というシリアスなテーマが、ゴリ監督の真骨頂である「笑えて泣ける」コメディーとして、心にしみる作品に。


沖縄県粟国村『born、bone、墓音。』
http://oimf.jp/movie/detail/17/


関連記事
ゴリ、監督・主演作で粟国島に残る「洗骨」文化を描く
http://eiga.com/news/20160422/16/
[PR]

by gado-gado | 2016-11-30 10:35 | インドネシアの映画


<< インドネシアの“トガー”さん@...      新刊:「ガパパ gapapa」... >>