2016年 10月 27日

インドネシアの映画俳優・監督レッドカーペット@東京国際映画祭

qubicle.id(10/26)に出ていました。
こんなにたくさんインドネシアからゲストが登場したのに見に行けなくて残念でした。
この記事の写真をご覧下さい。


Acara red carpet sendiri tetap berjalan. Animo orang-orang tetap tinggi. Para tamu (aktor-aktris, sutradara, produser, penulis skenario, dan lain-lain) jalan melenggang di atas red carpet sembari dipayungi tim panitia. Salah satunya adalah rombongan film Athirah atau Emma', seperti sutradara Riri Riza, aktris Cut Mini Theo, aktris Jajang C. Noer, produser Muhammad Zaidy dan Imelda Jusuf Kalla.

a0054926_18255746.png


昨日(10/26)の「三姉妹」の上映・Q&A・シンポジウムの後、会場を出た所で、
佐藤忠男さんとお話中の大好きな女優のJajang C. Noerさんとご縁がつながり、
次から次へと女優・監督・プロデューサーの方々と再会、夢のようなひとときを
過ごしました。


このブログでも一番多く書いているのが「インドネシアの映画」、これまでに書いた
ことをそれぞれの俳優・監督と直接お話できる幸せを感じました。


今のところ、連日埼玉から六本木に映画を見に行くのに追われ、その時の写真の
アップもできないでいます。


それにしても残念なことは、「珈琲哲學-恋と人生の味わい方-(仮題)」の
ゲストが登壇する11月2日上映の回のチケットを入手できなかったこと。
そのため今日の上映をみましたが、とてもすばらしい映画でした。原作も読んでいますが、
もう一回ページをめくりたくなりました。


Sineas Indonesia Datangi Red Carpet Festival Film Tokyo
http://qubicle.id/story/cinenews-sineas-indonesia-datangi-red-carpet-festival-film-tokyo


関連記事
2016年 10月 26日
インドネシアの映画の上映スケジュール&登壇ゲスト@東京国際映画祭2016 (再掲載)
http://gadogado.exblog.jp/23315699/
[PR]

by gado-gado | 2016-10-27 18:26 | インドネシアの映画


<< 「スカルノ国際共同研究シンポジ...      インドネシアの映画の上映スケジ... >>