2016年 07月 11日

東京ガスの寄附による東南アジア4か国(インドネシア他)への日本語専門家派遣事業

国際交流基金のホームページに出ていました。

a0054926_22522025.jpg


国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、2016年度から2年間、東京ガス株式会社から寄附を頂き、東南アジア4か国(インドネシア、タイ、ベトナム、マレーシア)へ4名の日本語専門家派遣を行います。

各国に派遣される日本語専門家は、学生たちに日本語を教えるだけでなく、より学びやすいカリキュラムや教材の開発、現地の日本語教師への助言や研修会の開催などの活動を行うことで、派遣先機関のみならず、周辺地域を含めた日本語教育レベルの向上へ貢献します。

また、一部の国においては、日本語を学ぶ学生だけではなく、理系学部の学生に対する日本語クラス開設支援も予定しており、より広い範囲での日本語教育普及を目指します。


東京ガスの寄附による東南アジア4か国)への日本語専門家派遣事業
http://www.jpf.go.jp/j/project/japanese/teach/dispatch/2016/index.html


関連記事
プレスリリース
「東京ガス東南アジア日本語教育支援事業」の実施について
http://www.tokyo-gas.co.jp/Press/20160601-07.html
[PR]

by gado-gado | 2016-07-11 22:52 | 日本インドネシア友好


<< インドネシア人介護福祉士とリハ...      新刊:「インドネシアの農村工業... >>