2015年 12月 12日

(連載)「インドネシアの生活風景」(26)日イの架け橋となることを願って!北スマトラ日本兵の子孫たち 

ASEANのコト Cilsien(シルシエン)の Face Book(12/11)に出ていました。


昨日(12/11)銀座ニコンサロンで開催中の、長 洋弘写真展: インドネシア残留
元日本兵-なぜ異国で生涯を終えたか-」を見に行きましたが、スマトラ在住
だった方が多いことに気がつきました。

a0054926_2031757.jpg


メダン市及びその近辺にはインドネシア独立達成のために多くの力を与えて
くれた元日本兵の子孫がたくさん存在しています。独立のために共に戦って
くれた日本兵の祖父、父を持つ彼らはお互いの絆を強めるために1979年
08月09日に「ヤヤサン・ワルガ・プルサバタン」(福祉友の会)という
集まり会を設立しました。正式に国に登録されたのは1979年07月
14日です。

 今回はその福祉友の会メダン支部会長の梅田治男さんにお話を伺いました。


筆者は
Lily Fatma (リリー・ファッマ)さん
 逗子生まれ。父親はインドネシアの北スマトラ出身、母親は日本人で横浜生まれ。
小学校と中学校は日本の教育を受け、その間も外交官の父についてインドネシアと
日本を往復。高校在学中に在日インドネシア大使館を退職した父について帰国。
現在はメダンで高校生、大学生、一般の人に日本語を、そして日本人にはインド
ネシア語を教えている。


(連載)「インドネシアの生活風景」(26)
(26)日イの架け橋となることを願って!
        北スマトラ日本兵の子孫たち (Lily Fatma)
http://cilsien.info/archives/10892

関連記事
長 洋弘写真展
インドネシア残留元日本兵-なぜ異国で生涯を終えたか-

会期:2015年12月2日~12月15日
時間:10:30~18:30(最終日は15:00まで)
会場:銀座ニコンサロン

a0054926_9303832.png


2015年 12月 09日
長 洋弘写真展: インドネシア残留元日本兵-なぜ異国で生涯を終えたか-
@銀座ニコンサロン ( ~12/15)
http://gadogado.exblog.jp/21909109/


関連図書
a0054926_20314254.jpg記録集「インドネシア独立戦争に参加した『帰らなかった日本兵』、
一千名の声」
(1)残留日本兵記録集出版
(2)残留者数
(3)インドネシア国籍取得
(4)福祉友の会設立の過程
(5)一時里帰り
(6)自衛艦招待訪問
(7)軍人恩給一時支給



関連記事
2005年 08月 11日
新刊:記録集「インドネシア独立戦争に参加した『帰らなかった日本兵
http://gadogado.exblog.jp/2737474


2005年 09月 16日
発刊式:インドネシア独立戦争に参加した「帰らなかった日本兵」
http://gadogado.exblog.jp/2737682/


2015年 07月 07日
(連載)「インドネシアの生活風景」@Cilsien - ASEAN News Clips
http://gadogado.exblog.jp/21422599


関連サイト
ASEANのコト Cilsien     (シルシエン)
https://www.facebook.com/cilsien
[PR]

by gado-gado | 2015-12-12 20:35 | 日本インドネシア友好


<< インドネシアで "K...      東京五輪にインドネシア選手を ... >>