2015年 12月 05日

インドネシアのZinnia Nizar-Sompieさん&Adityayogaさん@DOOR↗ASIA ~アジアと東北をつなぐ

国際交流基金のホームページに出ていました。

a0054926_0475118.jpg


国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、12月1日から12日まで、ASEAN諸国で
活躍する若手デザイナー7名を三陸地方・陸前高田周辺エリアに招へいします。

今回は、ASEAN5か国(インドネシア、シンガポール、タイ、フィリピン、マレーシア)の
デザイナー7名と日本のデザイン関係者4名が、三陸地方・陸前高田周辺エリアでの10日
間にわたる共同生活(レジデンス生活)に参加します。彼らは現地で体感したものに
ついて熟議を重ね、同地方事業者の協力のもと、地域資源を活用したデザインを制作
する予定です。


インドネシアからの参加者
a0054926_048133.jpg

Zinnia Nizar-Sompie


アート・インスティチュート・オブ・シアトルおよびニューヨークのビジュアル
アートスクールを卒業後、Neo Magazine、Female、Djakarta!、PS: Magazineなどの
マガジンアート/クリエイティブダイレクターとしてキャリアをスタート。出版物の
デザインに焦点を当て、インドネシアの大手出版会社Kompas-Gramediaにてノンフィク
ションやアートブックのデザインを手がけている。2008年には、姉妹でAmpersand
Studioを設立、主に出版関係のデザインを制作している。

また、様々なデザインセミナーのスピーカーや、IDS (International Design
School)でグラフィックデザインの授業を持つ。インドネシアのグラフィック
デザイン専門職の将来を懸念して、Adgi (Indonesia Graphic Designer
Association)に携わるようになり、現在、2014年-2016年期間のAdgiの理事を務める。


Adityayoga
a0054926_0484394.jpg

インスティチュート・クスニアン・ジャカルタを卒業、ビジュアルコミュニケーション
デザイン科の学士および修士を取得。2004年にグラフィックデザイナーとしての
キャリアをGreenlabでスタートし、インドネシアのデザイン業界の主要会社Designlab
やKreatif ZigeBaffel Designにてキャリアを重ねる。2009年に友人達とInlander
Design Buroデザインファームを設立。

また、インスティチュート・クスニアン・ジャカルタやAl-Azhar 大学で授業を持つ。
同時に、多くのセミナーにて講演を行っており、現在、2014年~2016年期間のAdgiの
事務局長を務める。


DOOR↗ASIA報告会

日時 2015年12月11日(金曜日)17時30分~19時
場所 サローネウーノ横山町
(住所) 東京都中央区日本橋横山町 5-8 横山町奉仕会館 4階

申し込み方法 ご参加希望の方は、12月11日(金曜日)正午までに、
氏名・連絡先・入場希望者数を明記の上、下記宛先まで電子メールにて
お申し込みください。
登録済みの連絡をいたしますので、ご確認の上、お越しください。
お申し込みEメール:info@door-to.asia(メールを送る際は、全角@マークを
半角@マークに変更してください。)

参加費 無料(※先着順・要予約)


DOOR↗ASIA ~アジアと東北をつなぐ「デザイナーズ・イン・レジデンス」~
ASEAN諸国から若手デザイナーを東北へ招へい。東京で報告会も
http://www.jpf.go.jp/j/project/culture/exhibit/exchange/2015/12-01.html


関連サイト
DOOR to ASIA
http://door-to.asia/about.html
[PR]

by gado-gado | 2015-12-05 00:49 | インドネシア


<< インドネシアの映画:Amart...      インドネシア:有望進出先で2年... >>