2012年 11月 04日

新刊:「インドネシアのポピュラー音楽 ダンドゥットの歴史 模倣から創造へ」

福村出版の「新刊案内」に出ていました。



a0054926_22292579.jpg「インドネシアのポピュラー音楽 ダンドゥットの歴史 模倣から創造へ」
田子内 進【著】

■ 本体価格 3800円
■ A5判/上製/264頁
■ ISBN978-4-571-31021-8 C3073
■ 刊行年月 2012.11

◆ キャプション
多民族・多宗教の国インドネシアにあって国民音楽と称されるダンドゥット。
その誕生と発展を豊富な資料を駆使して探究する。大衆文化の変遷を浮き彫りにする本格的研究書。


◆内容構成
第1章 序論
第2章 近代演劇の成立とムラユ音楽
第3章 ラジオの時代
第4章 オルケス・ムラユの時代
第5章 ムラユ・モデルンからダンドゥットへ
第6章 主役に躍り出たダンドゥット
第7章 独立50周年記念行事とダンドゥット・フェスティバル
第8章 おわりに



福村出版の「新刊案内」
http://www.fukumura.co.jp/shinkan.html


関連記事
2012年 06月 03日
インタビュー:ダンドゥット音楽研究家・Andrew Noah Weintraubさん@ピッツバーグ大学
http://gadogado.exblog.jp/15480286/
[PR]

by gado-gado | 2012-11-04 22:29 | インドネシアの音楽


<< JKT48 東京で2期生最終審...      インドネシアの警察学校音楽隊マ... >>